一般的な神前式の流れを知っておこう!

一般的な神前式の流れを知っておこう! 神前式は古い時代から続く伝統的な挙式スタイルで、カップルの半数以上が神社で式を行っています。
ホテルや専門の式場では館内に神殿があり、式を執り行うために神主が出向きます。
神前式は流れが決まっていますが、オプションで演出を加えられるプランもあります。
式の当日は参進の儀から始まり神殿までの道のりを新郎新婦や親、親族が列になって進みます。
拝殿では神様から見て右側に新婦が座り、左側に新郎が座ります。
全員で起立して拝礼を行い神様に米や水、酒などが捧げられます。
祝詞奏上では神様に結婚を報告し、幸せを願います。
新郎新婦は、同じ盃の酒を飲んで夫婦の契りを結びます。
夫婦の誓いを奏上し、神様と参拝者を繋ぐ玉串に夫婦の決意を託して奉納します。
最近は、神前式でも指輪を交換するカップルが増えています。
両家の親族も盃の酒を飲んで家族同士の絆を深め、神様に対して拝礼します。
敷地内に披露宴を行う建物がある神社なら、挙式後に移動して披露宴を行います。

神前式にかかるの費用相場ってどれくらい?

神前式にかかるの費用相場ってどれくらい? 神社や結婚式場の神殿で行われる神前式。
チャペルで挙げる教会式よりもあまり馴染みがありません。
近年、和装がブームになってきて、神前式を選ぶ方が増えてきました。
教会式よりも馴染みがないためにどれくらいの費用が必要なのかわからないため費用相場が気になるかと思います。
神社やホテル、専門の式場などどこの場所を選ぶかによって変わってきますが、おおよそは、30から35万円くらいでおこなうことができます。
教会式では、40から45万円ぐらいかかるのでリーズナブルで挙式をすることができます。
ホテルや専門の式場よりも神社で行うほうが少し安い費用で挙げることが可能です。
他にも、かかる費用を抑える方法は、お式で着る着物選びです。
選ぶ着物のデザインが刺繍や飾りがたくさん付いている派手なものであれば、衣装代金が高くなってしまいます。
ですが、あまり刺繍や飾りが付いていないシンプルな着物を選ぶと、衣装料金も抑えることができます。