神前式では新婦はどんな衣装を着る?

神前式では新婦はどんな衣装を着る? 神前式をしたいけれど、新婦はどのような衣装を着ればよいのかと悩む人もいるのではないでしょうか。
神前式は和装のイメージがありますが、必ずしも和装にしなくてはならないということではありません。
神社での結婚式の場合には、人によってはワンピースやスーツなどといった服装で臨むこともあります。
しかしせっかく神前式をするのなら、和装を着用するのもおすすめです。
新婦の場合、和装なら白無垢や色打掛、黒引き袖といったものを選ぶことが多いです。
中でも最も格式が高いとされているのは白無垢で、これは着物から小物まですべてを白で統一しているところに特徴があります。
また頭には綿帽子という、白い被り物をします。
色打ち掛けは、白無垢とは異なり色や模様の美しい新婦の着物です。
赤やピンク、クリーム色など様々な色のものがあります。
この衣装は室町時代から伝わる武家の女性向けの礼装です。
神前式の場合には頭には角隠しを被ります。
黒引き振袖は黒い色の引き振袖で、ややカジュアルな装いです。

神前式における新郎の衣装は五つ紋付羽織袴の1種類のみ

神前式における新郎の衣装は五つ紋付羽織袴の1種類のみ 神前式における新婦衣装は白無垢が主流ではありますが、色打掛や引き振袖を選択することも可能です。
一方の新郎衣装は、五つ紋付羽織袴の1種類のみです。
紋付羽織袴とは和服における男性の正礼装で、紋付長着と袴、紋付の羽織を着用します。
紋付の羽織には五つ紋・三つ紋・一つ紋の三種類があり、数が多くなるほど格式が高いとされているのですが、五つ紋では背中の中心・右外袖・左外袖・右胸・左胸の五か所に家紋が入っています。
神前式では衣装をレンタルするのが一般的ですが、レンタル衣装の家紋は通紋と呼ばれる誰が使用しても問題ないものが入っています。
ただし、自身の家の家紋を入れたい場合は、羽織の上からシール状の家紋を入れることも可能です。
また、羽織袴の色は黒が最も格式が高いものの、近年はグレーや白といった色も存在します。
新婦の衣装が白無垢の場合は黒を選択するのが一般的ですが、新婦が白無垢以外の衣装を選択した場合は新婦の衣装の色に合わせて羽織袴の色を決めると良いでしょう。